×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アトピーお役立ち!

 
 
 
  <<TOPに戻る

アトピー性皮膚炎の年齢別の症状や発生場所


【2歳未満】

頬や口のまわりに紅斑や丘疹が出てきます。

皮疹はジクジクしているのが特徴で、やがて首や膝の裏側、

ひじの裏側、手首、 足首などといった屈曲部に皮疹があらわれてきます。



【2〜12歳】

屈曲部だけではなく、身体全体に皮疹が増えてきます。

またアトピー性皮膚炎の特徴的な乾燥肌となり、

カサカサになりむけてきます。

屈曲部などのできやすく掻きやすい部分は、

皮膚がゴワゴワと硬くなる苔癬化がみられるようになり、

同時にこのころから色素沈着もできてきます。


このころには、耳の周囲の皮膚が切れるようにもなってきます。

顔には、皮膚の一部だけが白くなって、

カサカサした症状になる「はたけ(単純性粃糠疹)」が

でることもあります。



【〜思春期以降】

顔や首、胸、背中、肘の裏側など、

上半身にとくに強い症状があらわれてきます。


眉毛が抜け落ちたり、「アトピー性の赤ら顔」といった

独特の赤みを帯びた顔になったり、

口の周りに色素沈着がおこったりします。