×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アトピーお役立ち!

 
 
 
  <<TOPに戻る

アトピーの診断基準は?


アトピーと病院で診断するときは次のような症状を見ているそう。


【症状】
乳児の場合
顔面皮膚または頭部皮膚を中心に、赤い発疹、盛り上がった湿疹が見られる。
患部皮膚にかき傷が見られる。
発疹は左右対称。
幼児、小児の場合
頭部皮膚またはわきの前後、ひじの屈側の皮膚を中心に赤い湿疹、盛り上がった湿疹、きめの粗い皮膚が見られる。耳切れが見られることも多い。
皮膚が乾燥して米ぬかのような皮膚の断片を伴う盛り上がった発疹がある。
患部皮膚にかき傷が見られる。


【診断の際の参考項目】
家族の状態
家族に気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎の人がいるなど。
合併症の状態
気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎などを発症している。
盛り上がった発疹や鳥肌のような状態になっていないか。
血清IgEの上昇が見られるか。
湿疹、かゆみの続いてる期間
乳児では二ヶ月以上、そのほかでは六ヶ月以上続いてる場合は慢性とされる。

参考にどうぞ。